純米ビーフンなら「永盛米粉」
お米とお水だけでよりよいビーフンを挑み続ける
私どもが求めるのは、原料米100%の純粋に止まらず、生産履歴の認証をも取得し、美味且つ安心、健康なビーフンをお届けします。この100%純粋な味わいは代替原料や速成工法では簡単にまねできません。
「永盛米粉」傘下のブランド「聖光牌(センクワァンパイ)」は、台湾「純米ビーフン」のトップブランド。
詳しく見る
上質な台湾産インディカ米を厳選
永盛米粉は台中農業改良場などお米の専門家と協力し、最適なインディカ米を選び、生産履歴のあるお米や有機米などを次々に原料として導入し、お米100%、グルテンフリー、無添加の純米ビーフンに仕上がります。
MORE
伝統技法の粋を継承
洗米、浸漬、水挽など一連手間のかかる工程を24時間以上かけて、じっくりとお米の香りが漂う、繊細でコシのあるビーフンに仕上がります。
MORE
業界に先駆けて第三者認証を取得
永盛米粉は食品業界ならではのISO22000、HACCP認証の取得のみならず、台湾ビーフン業界初の「農産品生産販売履歴」認証を取得し、ビーフン本場の新竹で唯一「有機農産加工品認証」を得たビーフン工場でもあります。
MORE

人気商品

厳選された原料を、じっくり時間かけて
無添加・無漂白・グルテンフリーのビーフンに仕上げました。

ビーフンをおいしくする裏技大公開

初心者向け-純米ビーフン料理超楽ちん!

ビーフンが美味しいか不味いかはわずかな調理時間差で決定!
「時短食材」という純米ビーフンの特性を把握し、簡単な料理テクニックで、ふにゃふにゃビーフンとお別れ。
同じお米100%で作った純米ビーフンといえども、太さや製造工法が違うと、料理テクニックも違ってきます。
細ビーフンにとって、「加熱後の蒸らし」、太ビーフンにとって、「加熱前の浸し」が大事で、「加熱しすぎを避けること」が共通のキーポイント。


動画出典元:Amyの私人廚房
動画を見る
ビーフン料理の裏技-正しい方法で美味しいビーフンを
左右の情報
ビーフン種類 下ごしらえ 加熱時間 火止め後
細ビーフン
聖光牌シリーズ
情雋永シリーズ
10秒内軽く水洗いのみ。水に浸けたり、お湯でゆでたりする必要なし。 約1分~1分半。(ビーフンの芯が少し残った程度で火を止め、残りは蒸らす際の余熱で仕上げる。) ふたをし、余熱で2-10分間蒸らす。蒸らした後、お箸でビーフンをほぐし、余分な水蒸気が抜け、ビーフンの美味しい食感を存分に引き出す。
太ビーフン
永盛粗米粉
お湯またはお水に10~20分間浸す。浸すことにより、ビーフンが柔らかくなり、くっついたビーフン同士が解され、調理時の受熱均一に役立つ。 約5分~8分間。 蒸らす必要なし。

永盛米粉新竹香山工場
直営店舗

百年の技と味を伝承

永盛米粉香山直営店舗は新竹の人気スポット「賞蟹歩道」の近くにあり、看板商品の純米ビーフンをはじめ、弊社生産のビーフンが揃えております。新竹にお越しの際、是非お立ち寄りください。純米ビーフンの魅力を実感しましょう。

住所:新竹市香山区中華路五段318号